新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

理想の彼氏が肉食系旦那様にアップデートしました

本を購入

本価格:600(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
電子書籍を閲覧するにはビューアアプリ「book-in-the-box」(SHARP)をインストールしてください。
書籍紹介

イケメン御曹司の独占×溺愛

お見合いの相手、蒼馬さんは大企業の御曹司で、美青年。素敵な人だと思っていたら、まさかゲーム上でお付き合いしてる優しい『恋人』だったなんて! 実際に付き合い始めると、彼の肉食ぶりには戸惑うばかり!? 「俺のことしか考えられなくしてあげる」昼も夜も続く甘く情熱的な愛撫に、何度も絶頂を迎え――快感に震える身体も心も完全にあなたのもの。恋の劇的アップデート

ジャンル:
現代
キャラ属性:
社長・セレブ
シチュエーション:
玉の輿・身分差 | 甘々・溺愛 | 野外
登場人物紹介

飛鳥井蒼馬(あすかいそうま)

小春の恋人でイケメンな御曹司。優しげな容貌と裏腹に独占欲は強い!?

矢崎小春(やざきこはる)

とあるトラウマから引きこもりがちに。ゲームに没頭していたけれど、お見合いに参加することになり……?

立ち読み

「や、やだっ……見ないで、……っ……」
「はるって、すごく肌が白いね」
見ないでって言ってるのに、蒼馬さんは遠慮なしにわたしの胸を視姦する。
「特に乳首がすごくきれいだ。パステル系のピンクに近いけど、こうするとどうなるかな」
「あっ!」
顔を寄せられたかと思うと、いきなりぺろりと味見でもするかのように胸の突起を舐められた。びりっとした強い痺れが背筋を走り抜け、またお腹の奥から蜜口までをずくりと疼かせる。
蒼馬さんは、そこでやめてはくれなかった。大きさや形、やわらかさを確かめるように胸を両手ですくい上げ、ゆるゆると円を描くように揉み始める。そうしながら左胸の乳首を唇で食み、口の中でころころと舌で転がす。
そうされると蜜口がひくひくと痙攣するように疼いて仕方がなくて、無駄とはわかっても身をよじってしまう。前歯できゅっと甘噛みされると、声が裏返るほどの快感の波がやってきて、背中が海老反りになった。
「いや……それ、いやっ……」
「ほんとに、いや? もう乳首もこりこりだよ。ほら、赤く色づいてきてる」
「やだあ……っ!」
この状態で言葉でも責めてくるなんて、蒼馬さんてSだ。草食系の皮をかぶったドSだ!
蒼馬さんは、くすっと笑った。
「胸でここまで敏感になるなんて、はるは素質があるな。きっといまに胸だけでもイけるようになるよ」
「な、そっ……っ」
なんて恥ずかしいことを言うの!
そんな思いで涙目で見上げると、蒼馬さんはまた胸の先端をちゅっと吸い上げた。
「ひぁんっ!」
「ほら、ちょっと吸っただけでもう乳首がぷるぷる震えるようになった。はるは俺がたくさん開発していっぱいきもちよくしてあげる」
「や、そんな、いいっ……」
「きもちよくないの?」
今度は右胸の乳首を舌先でこりこり転がしながら、左胸の乳首をきゅうっと少し強めにつまんで引っ張られる。じゅくりと一気に蜜口から蜜液があふれ出るのがわかった。
「きもち、よすぎて……おかしく、なりそう……っ……」
だから、やめてほしい。もう胸をいじるのは、やめて。
あまりの快感に息を荒くして、かすかな吐息だけでそう乞うと、蒼馬さんは楽しそうに口の端を上げた。
「そうだね。そろそろこっちも可愛がってあげないとかわいそうだね」
言うが早いか、するりとキュロットと一緒に下着を足から引き抜かれた。
「ひゃっ!?」
なんて早業なのっ!?
慌てて足を閉じようとしたところを、がしっと膝小僧をつかまれ阻まれる。蒼馬さんの視線を、秘所に感じる。それはもう、あますところなく見られている。恥ずかしい……恥ずかしいよ……っ……。
「そんなとこ、見るところじゃないですっ……!」
「そうだね。普段はね。俺はいつでも見ていたいけど」
「そっ蒼馬さんて変態っ……!」
「はるのだから、見たいんだよ。いい? はる。絶対に俺以外の奴に身体、見せちゃだめだよ」
そう言うと、蒼馬さんの頭がそこに沈んだ。
「ひ、ぁっ!」
あまりに強すぎる刺激だった。
蒼馬さんの指がぽってりと硬く膨らんだ花芽の皮を剥き、ちろちろと舌先でつつくように舐めている。男女のそういうときにはそういうことをすることもあると知識ではわかっていても、いざされてみるとものすごい破壊力だ。見る間に理性が快楽に呑み込まれ、文字通り破壊されていく。
声なんか、意図して出しているわけじゃない。なのに蒼馬さんの指や舌の動きに合わせるように、とめどなく甘い声が上がる。こんなの、わたしの声じゃない。わたしがわたしじゃなくなっている。
だけど、……いやじゃない。死ぬほど恥ずかしくて、未知の感覚が恐いだけ。その事実に、また動揺してしまう。
「こうして舌の先でつつかれるようにされるのと、やわらかく舐められるのと、どっちがきもちいい?」
「あっ……ひゃあっ……!」
反して蒼馬さんは余裕たっぷりに、わたしの身体を研究していた。わたしの快楽のつぼを、見つけ出そうとしている。それがわたしのためだとはわかっていても、いっぱいいっぱいでついていけない。
舌先で少し強めにつつかれたり、舌の平らな部分で花芽の全体を舐めたりされると、腰が勝手にびくびくと揺れる。
けれど、花芽全体を口に含まれ、ちゅっと軽く吸い上げられると快感はいっそうひどく、わたしの全身を襲った。
「あっ……あぁっ──っ!!」
腰のあたりにわだかまっていた官能の熱が、電流のように一気に全身を走り抜けた。頭の芯と足のつま先がびりびりと震え、お腹の奥も膣内も、すべてが甘く強すぎる刺激にどくんどくんと痙攣していた。心臓をもうひとつ、呑み込んだみたいだった。
ふ、と蒼馬さんがやわらかく微笑むのが、涙で滲む視界に見える。
「これが一番よかったみたいだね。初めてでこれだけでイけちゃうなんて、はるは呑み込みがいいな」
「イ、っ……た……?」
「そうだよ。ほら。はるの中、俺の指を簡単に呑み込んでる。きゅうきゅう締めつけてひくひくしてるよ」
「や、だめっ……あぁんっ!」
イく、ということを初めて体験したのに、蒼馬さんはその余韻に浸らせてくれることもしない。自分でもわかるくらい収縮を続けている蜜壺に、ぬるりと指を差し込んできた。反射的に、膣壁がそれをきゅうっと締め上げる。蒼馬さんもまたそれに応じるように、中で指をくりくりと指の腹でひっかくように動かす。だからだろうか、快感の波はまったく去っていく気配はなく、お腹の奥をますます疼かせる。
「蒼馬さん、っ……それ、だめ……っ……」
「そう? でも、ほら」
「いやぁっ!」
二本目の指が入ってきて、中でばらばらと動く。一点に集まりつつあった甘い刺激が中で広げられ、また全身を走り抜ける。
「軽くイッたね。はるはほんとに敏感で、素直ないい子だね」
「も、う……むり、……っ……」
立て続けにイかされて、なのにまだ蒼馬さんの指は動き続けている。今度はゆっくりと前後に動かし、ちゅぶちゅぶと水音が立つ。自分の愛液の音だとわかって、恥ずかしさに頭のてっぺんまで熱くなった気がした。

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧

ジャンル・シチュエーション検索

 

ジャンル

キャラ属性

シチュエーション